何を言い出すんだ、長老!

完全に寒さに屈して、極力家から出ない行動パターン。

私としてはなかなか無い。

それでも、第二次100円ローソン麻婆豆腐制作の準備は整えてきましたが、明日は、

りゅうおうのおしごと!」7巻

が確実に発売されている日。

明日やっても良かったな。

アニメ〜

3月のライオン

ははぁん?

イジメ描写を描きだしたは良いけど、完全に着地点を見失ったな。

この学年主任便利すぎるだろ。

このまま、こっち突き詰めたら桐山はたまたま特殊な職業に就いている脇役。

……ぐらいでしかなくなるからな。

聞けば、この後にもなにかあるという。

そもそもが、この辺から迷走してるんじゃない?

ダーリン・イン・ザ・フランキス

略してダリフラ

もの凄いトップをねらえ2!なんですけど。

子供の出来方については「こどもブロイラー」っぽいんだけど。

で、子供じゃないと戦えないわけでは無いみたいだけど、子供だけを集めている場所があって。これがフラタニティ

で、どうもこの戦っている叫竜というのと本質が同じみたいな描写ね。

錦織監督、トップ2にも関わってるのに何故こんなことに?

プラメモで、おかしな事ばっかりした林直孝というのが悪いのか。

あと、どう見てもタウバーンなんだけど、これデザイン大丈夫?

おそ松さん

「チョロ松事変」

は面白かった。

何と言うか、中の人の力量に寄りかかっている分、安定した感じ。

銀の墓守り?

完全に一期観てない人をおいていくスタンス。

まぁ、観ていたから問題ない。

ただ観ていたからと言って、全部わかっているかというとそうでもない。

GO! GO! ニチアサキッズ

仮面ライダービルド

ああ、なるほど。

侵攻にはそういう制約があったのか。

西都は宇宙空間からの攻撃プランを持っているとかはないかな?

でも、このまま話が進めば東都が北都を併合するのかな?

いやボトルを奪えば良いのか。

ああ、でもボトルを全部持ってくるわけもないから、そこの仕掛けが無いとするなら、北都侵攻はあり得るな。氷室だし。

で、もはや本編とその下で流れる潮流が別物のように、動いている本作ですが、本編もいい感じ。

何しろ勝ち目が見えない。次回予告で勝ち目が見えたけど。

それと、あいつが死んだ時の脚本井上敏樹だったかな?

プリキュア

タイトルこれなんだけど。

ちょっと、あまりに思い切った台詞が出たので、矢も楯もたまらず。

どうも脚本が田中さんの色では無いと思って、エンドクレジット観たらやっぱり別の人。

「大内珠帆」

なる人物。ハンドレッドとかの脚本書いてた人だと判明。

で、問題の台詞。

「戦いの原因となる、大好きという気持ちを消しているんじゃ!」

は!?

目を剥いて驚いた。

いがみ合いとか憎しみとか、そういうわかりやすいのじゃ無くて、そっち?

いや、正しい理解とも言えるけどさ。

子供番組で言っちゃう?

そこまでは、

「ゴープリで、負の感情とも上手く付き合っていかなければならない、という感じの答えを出したけど、今度は感情ごとの消滅か」

みたいに観てたんですが、この思い切った台詞の後、ここ最近で一番ドキドキしながら観てました。

これに対抗するロジックは出されるのか?

まぁ、最終局面なのでもちろん持ち越し。

子供達は、新プリキュアの登場とかで盛り上がってるんだろうけど、私みたいに病気の人間とか、随伴視聴者とかは、ここに注目して欲しいよね。

次のプリキュア佐藤順一氏が帰還するみたいだけど、だからこそ安心して思いきったことしてるのかも。

ネグレクトママの設定をあまり拾わなかったのも、この構想が出てきたからか?

以上。