近詠1首

遥かなる燈台の灯に指呼さるる死後の記憶が痛みて居るを

広告を非表示にする