リンキン・パークのボーカル、チェスター・ベニントンへ――R.I.P.

リンキン・パークのボーカル、チェスター・ベニントンが亡くなったというニュースをネットで目にしたのは、なかなか寝つけずもうそろそろ外が明るくなろうとする頃だった。

とりあえず、そのニュース記事に「R.I.P.……。」とだけ書いて、ツイートした。

それ以外、何を書けばいいのかわからなかった。

言葉を失う、とはこういうことなのだろう。

youtubeリンキン・パークの曲を数曲聴いて。

一眠りした後も、何曲も聴いている。

すでに発表されたそれらの楽曲が消えてなくなってしまうわけではないのに、いま聴いておかなければ、という気分になっていた。

こういった感情になることに、自分自身驚いていた。

リンキン・パークは好きか嫌いか?」と訊かれれば、迷うことなく「好き」とこたえる。

ただ、大ファンなのかというと、そうではなかったりする。

ボーカルの名前も、今回のニュースで知ったぐらい。

コアなファンからしてみたら「お前なんかファンじゃない」といわれるだろうレベル。

それなのに、である。

今回のニュースに大きな衝撃を受けている自分がいた。

どうしてここまでショックを受けているのか、自分でもよくわからなかった。

自殺の可能性がある、というのが影響しているのかもしれない。

年齢があまり変わらないというのもあるだろう。

そして、自分が思っている以上に好きだったのだろう。

これまで発表された楽曲は、これからも残っていって、何度も聴くことが出来る。

でも、もう新しい楽曲を聴くことは出来ない。

予想外の喪失感にまだ戸惑っている。

自殺だったとしても、そうでなかったとしても、突然の死に対して「なぜ?」という思いが頭から消え去らない。

それもあって、何かいうとしたら、まだ、やっぱり、この言葉になってしまう。

R.I.P.……。