67歳の母が硬膜外血腫と診断され、保存加療。認知症も進みそうで心配です。

------------------------------

アメーバブログ脳神経外科0002

67歳の母が硬膜外血腫と診断され、保存加療。認知症も進みそうで心配です。

2009年2月12日12時28分50秒

テーマ脳神経外科患者さんの意識障害

------------------------------

67歳の母が硬膜外血腫と診断され、保存加療。22009年2月12日12時28分50秒

67歳女性

1月31日に、意識障害が出て、救急車で病院へ搬送

硬膜外血腫と診断され、保存加療とういうことになり入院中です。

2月1日次の日には、自分の名前が言えて、娘相談者親戚知人の顔も名前もわかり、

2日後から、お昼だけ、口からの食事ができるようになり、

3日後、自分の手でスプーンやお箸を使って食べられるようになりました。

それから、3日後から急に、軽睡眠発作と、

本人、目を開いても、ぼーっとしていて良くわからない状態になりました。

もちろん食事も摂れず中止です。

ドクターは、脳が腫れている

血腫で脳が押されて圧迫状態にあるといいますが、

グリコサールという、点滴は初めの2日間しかしていませんでした。

今の状態もほっておくというのですが、

家族は、日に日にひどくなっていく母が心配です。

認知症もあるのでこの間に進みそうでそれも心配です。

どうしたらいいのでしょうか?

申し訳ございません、先生のご見解宜しくお願い致します。

宜しくお願い致します。

2009年2月11日23時25分43秒

------------------------------

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

ペインクリニック山本クリニック世田谷

これはさぞかし御心配であろうと存じます。

御相談者の御気持ちが大変よく判ります。

止むを得ずも不思議に不明な点の多い御相談であり。

当惑しています。

御相談者の御相談内容要旨御記載の

硬膜外血腫が硬膜外血腫

に間違いがないと仮定して。

御回答を致します。

御母様の急性硬膜外血腫acuteepiduralhematoma:AEHの

部位と範囲と大きさの御記載がありません。

例えば右の前頭側頭部のようにです。

御記載が無く御回答限界でもあるのです。

けれども可能な範囲内で御回答を試みます。

以下これは私の考えです。

だから間違っているかもしれません。

下記に順を追って御回答致します。

とても重要なことがあります。

67歳女性

1月31日に、意識障害が出て、救急車で病院へ搬送

硬膜外血腫と診断され、保存加療とういうことになり入院中です。

との事です。

頭部外傷がなければ硬膜外血腫は発生しえません。

そして硬膜外血腫は常に急性硬膜外血腫acuteepiduralhematoma:AEH

の急性病態をとります。

急性硬膜外血腫acuteepiduralhematoma:AEHは

緊急に開頭手術により血腫除去を

しなくてはなりません。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは

頭部外傷の発生時点での御記載がありません。

頭部外傷の発生と相応の頭部外傷の外力により

多くは頭部X線撮影で骨折を伴い。

急性硬膜外血腫acuteepiduralhematoma:AEHは発生して

緊急手術にいたるものです。

まず例外はありません。

何故に緊急手術に至らなかったのか。

お受けもちの脳神経外科専門医先生に御判断

理由があるはずです。

67歳女性

1月31日に、意識障害が出て、救急車で病院へ搬送

硬膜外血腫と診断され、保存加療とういうことになり入院中です。

との事です。

御母様の急性硬膜外血腫acuteepiduralhematoma:AEH

の部位と範囲と大きさの御記載がありません。

例えば右の前頭側頭部のようにです。

お受けもちの先生は

患者さんが救急搬送されて

硬膜外血腫がみつかったのであれば。

お受けもちの先生は早急に御家族に

時間をおしみお話しをして

開頭手術を緊急に行うはずです。

硬膜外血腫とののことですが

脳にて。

御母様の急性硬膜外血腫acuteepiduralhematoma:AEH

の部位と範囲と大きさは如何であったのでしょう。

ドクターは、脳が腫れている

血腫で脳が押されて圧迫状態にあるといいますが、

グリコサールという、点滴は、初めの2日間しかしていませんでした。

との事です。

-------------------------------

血腫が大脳を圧迫し

2脳浮腫brainedemaのうふしゅがある

ドクターは、脳が腫れているとのことです。

-------------------------------

2の状態で開頭手術等を

行わなければ

お受けもちの先生は

硬膜外血腫が

急性硬膜外血腫acuteepiduralhematoma:AEHであるのであれば

今現在の状況で

御判断となってしまいます。

このようなことはありえないことですから。

何かがおかしいです。

御相談者の御相談内容要旨御記載の何かが

止むを得ずも。

抜けているか間違えているとしか

考えられません。

或はその他です。

今の状態もほっておくというのですが、家族は、

日に日にひどくなっていく母が心配です。

認知症もあるので、この間に進みそうでそれも心配です。

との事です。

頭部外傷で頭蓋内の出血でも

とりわけ

急性硬膜外血腫acuteepiduralhematoma:AEHは

生命にかかわる緊急病態です。

お受けもちの先生は脳神経外科専門医

であると考えます。

御母様の

硬膜外血腫は本当に硬膜外血腫に

間違いありませんでしょうか。

頭部外傷をご覧になられた御家族は

いらっしゃるのでしょうか。

急性硬膜外血腫acuteepiduralhematoma:AEH

に関しては

山本クリニック脳神経外科神経内科相談掲示板

父の頭部外傷硬膜外血腫で手術二回と術後心肺停止。今現在熱と意識障害

22006年5月18日8時50分5秒

コピー致しますごらんくださいませ

7結論

御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

お受けもちの脳神経外科専門医先生に

御母様の硬膜外血腫の今後の

治療方針を再度に伺われて。

御相談者の御相談内容要旨御記載など

さまざまに直接に御相談

されてみては如何でしょうか。

お受けもちの脳神経外科専門医先生に

御深い御考えがあるのかもしれない。

一刻も早く御相談者御母様

の症状症候が寛解される日の来られる事を

一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

これは私の考えです。

だから間違っているかもしれません。

このような御回答しか出来ません。

申し訳ございません。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき

ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

ごらんくださいませ

-------------------------------

急性硬膜外血腫acuteepiduralhematoma:AEHに関しては

山本クリニック脳神経外科神経内科相談掲示板

父の頭部外傷硬膜外血腫で手術二回と術後心肺停止。今現在熱と意識障害

22006年5月18日8時50分5秒

コピー致しますごらんくださいませ

-------------------------------

------------------------------

アメーバブログ脳神経外科0002

67歳の母が硬膜外血腫と診断され、保存加療。認知症も進みそうで心配です。

2009年2月12日12時28分50秒

テーマ脳神経外科患者さんの意識障害

------------------------------